法律について

法律婚から生まれる夫婦財産の問題

法律婚であっても、結婚前からもともと持っていた夫婦それぞれの財産が結婚後に夫婦の財産として融合してしまうことはありません。
結婚前から夫が所有していた土地は結婚後も夫の所有ですし、結婚後であっても妻が勤務先から得た給与は妻のものです。
ただし、事実問題として頭の切り替えが必要です、たとえ、夫の名義で積み上げられた預貯金であっても、それは妻の協力があってこそ作り上げることができた財産です。
すると、それは実質的には妻との共有といっていい財産になります。
このように、夫婦が共同で作り上げてきた財産は、いずれの名義のものであれ実質的には共有という発想が働きます。
ただし、中高年での結婚では相続関係から問題が起こることが多いです。
資産があって、それが亡くなったパートナーと共同で作り上げてきた財産である場合、子から見て父と母の共有財産ということになります。
中高年での再婚のケースでは再婚相手は法律上、相続人になれます。
自分の亡き父あるいは亡き母が作り上げてきた財産の大部分が再婚パートナーに相続されてしまうことに釈然としない気持ちを抱える可能性もあることを視野にいれることが大事です。

Copyright© 法律l Rights Reserved.